立ちくらみ めまい 頭痛

立ちくらみと頭痛のついて!

スポンサードリンク

頭痛や立ちくらみ、めまいというのは、身体に表れやすい不快な症状の1つです。

 

これらの症状は共通して引き起こす原因があります。

 

あらかじめ症状を理解しておくことで、咄嗟に起きた時に対処したり予防することができるので、覚えておくと良いでしょう。

 

立ちくらみやめまいというのは、身体がふらついたり目の前が真っ暗になったりすることを指します。

 

そして頭痛はその名の通り、頭に痛みが走るものです。

 

頭の一部が痛む時もあれば、全体にがんがんと響くような痛みを伴うこともあるでしょう。

 

身体のふらつきを抑える薬は市販では売られていませんが、頭痛薬は良くみかけますね。

 

しかし、何が原因かわかっていないのに薬を安易に使用してしまうのは、かえって危険を伴うことがあります。

 

心配な時は、病院で受診して適切な処置を施してもらうようにしましょう。

 

さて、これらに共通する原因は2つあります。

 

1つは貧血。そしてもう1つは自律神経失調症と呼ばれるものです。

 

貧血の場合は低血圧の方がなりやすいと言われています。

 

脳に酸素や血液が行きわたらない為に、上記のような症状が起こりやすくなります。

 

貧血の場合は鉄分が不足していることがほとんどなので、鉄分が多く含まれている食材を食べるか、ひどい場合は鉄剤を処方してもらうようにしましょう。

 

自律神経失調症は主にストレスが原因で引き起こされるものです。

 

立ちくらみやめまい、頭痛といった症状の他に、手足のしびれや肩こり、動悸、疲れやすいといった症状が表れますので日頃からストレスを溜めにくい生活を心がけて行くことが必要です。

 

これらを解消するには、食事や睡眠、運動を適切に行っていくことが1番の近道です。

 

アルコールやたばこの量を控えることも健康の秘訣です。

 

時間のある方は、ホットヨガをおこなって身体をリラックスさせてあげるといいでしょう。

 

酷くなると脳に影響を及ぼしてしまうので、早期改善を心がけてください。

立ちくらみ関連の総合情報

スポンサードリンク