立ちくらみ めまい 対処 対処法

立ちくらみやめまいの対処法!習得し急な症状に備えよう!

スポンサードリンク

立ちくらみやめまいというのは、いつどこで誰にどんな状況で起こるものか分かりません。

 

妊娠中や貧血、低血圧の方が一般的にはなりやすいと言われていますが、更年期の方から小学生、中学生などの思春期真っ盛りの子までと、条件は様々です。
1度でも経験したことがある方もそうでない方も、対処法を知っておくことによって怪我などの追加の要素を防ぐことができます。

 

自分の健康を守る為にも、対処法を心得ておきましょう。

 

そもそもこういった症状は食事や運動など、普段の何気ない生活の乱れが引き起こすものです。

 

目の前が急に暗くなったりふらつきを感じてしまうのは、突然体勢を変えてしまうことに原因があります。

 

こうした時の対処法としては、まずは怪我を防ぐという意識が大切です。

 

もし仮に電車内でこういったことが起こってしまった場合は、下手に動かないことです。

 

症状が治まるまで近くの座席を譲ってもらう。

 

もしくは、近くの駅で降りて休憩をとることが適切です。

 

咄嗟の判断が難しいと思うかもしれませんが、すぐに治まる場合もあれば、継続して続いてしまうこともあります。

 

こうした場合は判断を誤らないことが重要になってくるのです。

 

続いての対処法は自宅で起きてしまった場合。

 

朝目覚めた時、家事をしている時。お酒を飲んでいる時。入浴中など、様々な場面で起こり得ます。

 

自分1人の時はとにかく慌てないこと。他にだれかいるようであれば、身体を支えてもらい、落ち着くまで一緒にいてもらうようにしましょう。

 

そして、心配になった時はちょっとしたことでも病院に行くようにして下さい。

 

薬を処方してもらったり検査を行うことで、それ以上重症になることはありません。

 

立ちくらみやめまいを日頃から抑える対処法としては、普段の食事をバランスよく心がけ、運動、睡眠をきっちりと行い、現代のストレス社会に負けない身体づくりを行うことです。

 

まずはできることから始めてみましょう。

立ちくらみ関連の総合情報

スポンサードリンク