立ちくらみ めまい 原因 症状

立ちくらみやめまいの原因について皆さんはご存知でしょうか?

スポンサードリンク

立ちくらみやめまいの症状が起きてしまうのは、実は異なった原因で発症するというのをご存知でしょうか。

 

立ちくらみの場合でもめまいの場合でも、症例としては急に立ち上がったりして頭がくらくらする。

 

長時間立ち続けてふらふらする。また、目の前が突然真っ暗になってしまうなど、様々な症例が挙げられます。しかし、これらはとても似ているように思えますが、全くことなるものだと判明しました。

 

前者の場合、主な理由としては、低血圧や貧血を伴うことがほとんどとされています。

 

一般的には「起立性低血圧」と言われるもので、脳に酸素や血液がうまく行きわたらないことで起きてしまいます。

 

低血圧の方が朝にうまく起きられないとされているのは、こうした理由から言われるものです。

 

対して後者の場合、体調や食事などが主な理由とされています。

 

いわゆる栄養失調や病気が関連してきます。

 

そしてこれらには2つの呼び方があります。

 

1つは「回転性めまい」と呼ばれるものです。

 

これは周りの景色がぐるぐると回っているように感じてしまうものです。

 

もう1つは自分自身の身体や頭がふわふわと揺れているように感じる「動揺性めまい」と呼ばれるものです。

 

そしてこれらは内耳や脳に異常をきたしてしまうものがほとんどです。

 

こういった症状は軽いものから重い病気へと発展しまうことがあるので、心当たりのある方は早めに病院に受診しに行きましょう。現代はストレス社会の時代です。

 

20代〜最もかかりやすくなってくると言われてはいますが、必ずしもそうではありません。

 

思春期で伴うこともあれば、更年期で悪化してしまうものもあります。

 

1番の予防法は、生活リズムをきちんと正すことです。ストレスをため込まず、きちんとした食生活、睡眠、ちょっとした運動を心がけることが健康への第一歩です。

 

そして、できればアルコールやたばこも控えるようにすると、身体がスッキリとしてくることでしょう。

立ちくらみ関連の総合情報

スポンサードリンク