立ちくらみ 原因 夏 

夏も猛暑の立ちくらみの原因について

スポンサードリンク

夏は季節的に最も立ちくらみが多い原因の1つとされています。

 

日本人は通常、寒さに強く、暑さに弱いと言われていますが、近年のように地球温暖化が進んでくると、年々暑さが増します。

 

今まで暑さに強かった人でもきちんと水分を摂取しなかったり休憩しないと熱中症などのひどい症状を起こしかねません。

 

まず、夏に立ちくらみが多い原因として低血圧の方が挙げられます。

 

先にも記したように、暑い夏になると熱中症が起こりやすくなります。

 

これは長時間暑いところにいると体温が上昇して血管が緩みやすくなり、血圧が低下してしまうので、急に身体を動かしたりすると目の前がくらくらしたり、めまいを引き起こす為とされています。

 

熱中症の場合、昔は日射病と呼ばれていましたが、炎天下に長時間いるというよりも、室内に閉め切った状態や冷房器具などを使用していない場合に起こりやすい症状とされています。

 

現代はエコを意識する時代でもありますが、体調を崩してしまっては元も子もないので、我慢せずに冷房器具を使用するようにしましょう。

 

また、低血圧の人は同時に貧血にもなりやすいと言われている為、特に注意が必要です。

 

2つめの立ちくらみの原因は、食欲不振です。

 

夏はどうしても気だるさからか、食欲不振になってしまいがちです。

 

夏バテが起こりやすくなるのも同様です。

 

本当は3食きちんと食事をとることが理想的ではありますが、水分を摂取するだけでも血管や脳に酸素を行きわたらせることができる為、水分補給だけはしっかりと行うことが重要です。

 

予防方としては、のどを通りやすい麺類などが理想です。

 

また、酸味がきいた食事も食欲が増し、身体がリフレッシュしやすくなる為おススメです。

 

ただし、アイスなどの身体を冷やしやすい食べ物は食べ過ぎに注意しましょう。

 

夏は体温調節と食事に十分注意すれば、身体に不快な想いを与えず、快適に過ごせる季節です。

 

無理をしない程度に頑張りましょう。

立ちくらみ関連の総合情報

スポンサードリンク