立ちくらみ お風呂 原因

お風呂での立ちくらみについて検証!!

スポンサードリンク

お風呂上りに急にくらくらしたり、動悸が激しくなったりと、1度でも経験された方は少なくないでしょう。

 

目の前が急に暗くなったりひどい場合、意識を失いかけたことがあるかもしれません。

 

これらは通称、立ちくらみと呼ばれています。

 

正式には「眼前暗黒感」もしくは、「起立性低血圧」と呼ばれています。

 

これらの原因は、一体何にあるのでしょうか。

 

どうしてお風呂上りの際にこういった現象があるのか、検証してみました。

 

お風呂上りに立ちくらみが起こりやすい原因の1つとして、長風呂をしてしまうことにあります。

 

長時間熱い湯船に浸かっていると、だんだん体温が上昇し、血管が緩まります。

 

その状態で急に立ち上がってしまうと、血液が一気に急降下し、脳内の酸素と血液が少なくなってしまうので、こういった現象が起こりやすくなってしまうのでしょう。

 

お風呂でリラックスをして、心身共に休めることは必要ですが、危険な状態に陥り、病院にかかってしまう方も多くいるようです。

 

特に小さなお子様やお年寄りの方などは、一層注意が必要です。

 

では、こういった立ちくらみの原因を予防する方法とは一体何があるでしょうか。

 

対策としては、お風呂上りの際に急に立ち上がるのではなく、ゆっくりと身体を起こし、壁や浴槽につかまり、少しずつ手足を動かすことです。

 

また、お風呂の温度を1,2度下げるだけでも効果があると言えるでしょう。

 

どうしても長時間お風呂に浸かりたい場合、全身を湯船につからせるのではなく、半身浴を行うことも1つの手段でしょう。体温を少しずつ下げる為に、シャワーを足に浴びせるのも効果的です。

 

対策としては、風邪をひいた状態だったり、飲酒後にお風呂に入らないことです。

 

健康な身体でお風呂に入ってこそ、ゆったりできるものです。

 

立ちくらみの原因になるものは、必ずどこかに存在するものです。

 

快適なお風呂を楽しむ為にも、ちょっとした心がけを忘れないようにしましょう。

立ちくらみ関連の総合情報

スポンサードリンク