立ちくらみの原因 

立ちくらみの原因についてのご紹介!!

スポンサードリンク

立ちくらみの原因は一体何にあるのでしょうか。

 

そもそも、この症状はどういったもののことを指すのでしょうか。

 

元々立ちくらみとは、座っている状態から急に立ち上がってふらふらしたり、立っている状態から急に態勢を変えてしまった為に、目の前が真っ暗になったり、また、意識が遠のいてしまう状態のことを言います。

 

これらは主に、脳にある血中濃度や酸素の量が一時的に低下してしまうことが立ちくらみが原因とされています。

 

このような立つくらみの症状が起きてしまった場合、すぐに意識が回復すれば問題はありませんが、これが継続してしまうと、原因は病気の恐れがありますので注意が必要です。

 

というのも、立ちくらみの原因は人によって異なった病名に変わってくるので、一概にどういった症例で発作が起こってしまったのか、わからなくなってしまうからです。

 

例えば、よくこういった現象が起きやすい人の中に、低血圧の方が挙げられます。

 

これは、健康の人に比べると血圧が低く、特に寝起きなどに上手く起き上がることができないなどのことから、例が挙げられます。

 

また、低血圧の人に限らず、実は高血圧の方もなりやすいことが実証されています。

 

これは、高血圧の方の場合、血圧を下げる薬を処方されることがあります。

 

医師に指定された通りの分量を服用している場合には全く問題はないのですが、なかなか血圧が下がらないからと多めに服用してしまった為に、急激に血圧が下がってしまい、立ちくらみを引き起こす原因とされているのです。

 

また、似たような症状で貧血気味の方や妊婦さんもこういった立ちくらみの症状が起きやすいとされています。

 

重大な病気になってしまう前に、適切な診断を受け病院で診てもらうことにより、安全な生活を送ることができるので、不安な方は1度、ただの立ちくらみだからと安易な自己判断などせずに、きちんと診療してもらいましょう。

立ちくらみ関連の総合情報

スポンサードリンク